脱毛美肌ブログ脱毛ラボの口コミ>技術力と資格制度

全身脱毛の資格を持った専門家スタッフ!?

脱毛ラボのホームページでは、
サロンスタッフの技術や教育をかなり強調してて、
書いてあることがかなり華々しいです。。(ノω`*)ノ

◆全身脱毛の資格を所持しているスタッフ数が業界トップクラス。
◆約500人が在籍していて。
◆300ページに渡る全身脱毛マニュアルを独自の研修で習得。

スタッフの脱毛技術

照射の当て漏れが少なく、毛と毛の境目ができにくいので、
仕上がりがとてもきれい・・・
選りすぐりのスタッフが、確かな技術力で安心の施術をしてくる。

全身脱毛では、確かに素早く的確に施術をしてくれる脱毛ラボですが、
あまり期待しすぎるとギャップを感じることもあるかも(*´・д・)ノ

実際に施術を受けてみてスタッフの口コミ

脱毛ラボで資格を持ったスタッフの技術が本当に高いかっていうと7割くらい本当で、3割ぐらいは怪しいですよね。

技術研修はしっかりやっているのでしょうが、実際に仕事をしていく中では
施術が雑なスタッフさんも出てくるようす
です。。(´I `*)
早く終わらせたい気持ちも出てくるんでしょうね。。
人による違いが出てくるのは多少は仕方ないかと思います。

私が3店舗脱毛ラボで施術を受けた感じだと、5人に1人くらい、やや手抜きな人がいる印象。

上手なスタッフさんは、本当にテキパキと照射漏れもなく、境目もできずに仕上げてくれるから、全身脱毛の専門家っていっても納得(*´v`)

通うサロンで、納得の施術をしてもらえるかは、全身脱毛だとスキルとプロ意識が必要な分、当たり外れがあるかもしれません。
実際に通ってみて、下手な人に当たったらサロンを変えてみるとかも考えます。

単純作業で、スタッフによる違いが出にくい「脇」や「足」の脱毛に比べると、全身脱毛で完璧な施術を受けるには、脱毛ラボのような格安サロンでは難しいかと思います( ´ー`) PMKとか高級店ならゆっくり丁寧にやってもらえるけど、時間もお金も倍以上かかりますからね・・・
安いことを考えると素早く、十分な施術はしてもらえたと思いました(o´∀`ノ

⇒脱毛ラボ全身0円!

★お試し 14ケ月無料体験は 2018年1月31日まで★
さらに新年の豪華プレゼント「beautyスチーマー」貰えます!
店内サービスは質素だけど、
この安さなら試して損は無い脱毛ラボ(」*´∇`)」  
 とにかく安くしたい人はここ!
効果が無かったらお金返してくれるシステムあり☆ 
♪スピードコース(パックプラン)は、脱毛業界で一番早くておすすめ♪

脱毛ラボ関連 【人気の記事】

NO1.脱毛ラボで全身脱毛 体験談口コミ 24,532views

最初のカウンセリングから脱毛まで、ドキドキの全身体験を実際の写真入れながらレポート(o´▽`o) 

NO2.1年間6回通った効果と回数 18,640views

 

アンダーヘアはやや効果が弱いけれど、全身1年通えば満足感ありでした♪最初の契約回数の参考に…

NO3.契約前の注意点「脱毛ラボ」 15,312views

通ってから失敗した~って思わないように、月額制の条件を知っておくと、カウンセリングでも余裕が持てる★

NO4.月額制と同じ値段の年間契約がおすすめ 9,765views

月額制は通うのも予約も割と面倒。手間を減らしたい人は年間契約で(=゚Д゚)ノ 払う金額は同じですからね。

 

脱毛ラボページへ
page-top

教育体制

脱毛ラボは脱毛専門学校を運営しており、
日々技術力や知識・接客マナーの向上を図っているそうdす。
専門学校で徹底教育された生徒が店舗スタッフとして活躍中。
また、現役皮膚科員の監修サポートもついていて、
お客さんの安心のため万全の態勢が整っています。
実際10回以上施術を受けて、肌トラブルはありませんでしたが。

サポートがあると思うと安心ですね(^^)

最近のエステサロンでは、エステマシンの技術向上のせいか、
資格なしで施術をしているスタッフが在籍しているケースもあるらしいので、
資格を持ったスタッフが在籍している脱毛ラボなら肌トラブルに関しては
安心して任せられるかなと思います。

脱毛の資格ってある?

お客さんに対してエステサロンで全身脱毛の施術をするのに公的な「脱毛資格」というものはありません。各サロンで独自の認定試験や脱毛資格を用意して一定のレベル・技術力を身に着けたスタッフさんが実際の施術ができるように研修制度が用意されています。
医療レーザーのような高い出力の脱毛器では、医師免許を持った人の指導のもと看護師免許を持った人が施術することができることになっていますね。

エステ脱毛、クリニック脱毛どちらにしても「脱毛」に限った資格はない事になります。

医療レーザーでは、医師免許・看護師免許保持者である必要があるということですね。

 

 

このページの先頭へ