脱毛女子ブログエステミュゼ効果・口コミ>カウンセリング予約と契約(親の同意書)

ミュゼ未成年でカウンセリング・契約する方法

初回の無料カウンセリングは未成年者でも予約OKで親の同伴は要りません。
その後の契約については、同意書や親同伴が必要になるのでパターンごとに説明しますね.(*'v`*)+

未成年 ミュゼ

親が同席できる場合

親が来てくれれば、当日中の契約が可能です☆
親と一緒にミュゼでカウンセリングを受けて、
同意書に親権者の自筆での署名・捺印をして、契約するだけなのでかなり簡単です(*'ω'ノノ゙
※未成年の脱毛対象は16歳、17歳、18歳、19歳です。 16歳未満はミュゼで脱毛はできません。

同意書の書き方

記入する内容はシンプルです(o´▽`o)

脱毛を受ける本人の名前、生年月日、
親権者の住所、氏名、連絡先を記入。

未成年者が脱毛エステサービスを受けることを承諾するという内容の記述に同意して
日付を記入。親の印鑑を押印します。 これをミュゼに提出します☆

同意書はここ≫からダウンロードできます。記入例を載せておきますね(*´v`)

親の同意書 書き方

(記入例は、タップで大きくなります。)

≫コンビニで同意書を印刷する方法

親が同席できない場合

電話確認ミュゼの場合、まずは同意書をダウンロード、親に書いてもらったものをカウンセリングに持っていきます☆

親同伴でない時は、必ず親権者への電話確認があります。
電話に出られず、確認ができないとカウンセリング当日中の契約は出来ません('・_・`)


カウンセリングの予約時間にはミュゼから親へ電話確認がありますので、ミュゼに行く時間に親が電話に出られるようにしておきましょう!
電話確認が取れたらこれで契約が完了(*´v`)

電話確認が難しい場合

親が忙しくて同席や決まった時間に電話に出られないこともありますね。
エステ脱毛だと、親への電話確認が今のところ無いのはジェイエステティックです。
ジェイエステも、親の同意書が必要ですがWEBからダウンロードして使用できるので
1回の来店で契約まで出来ます.(*'v`*)+♪

値段もミュゼと同じくらい安く、店舗はキレイで口コミ人気の高いサロンです(*´v`) 
こちらを検討してみても良いかもしれません
↓↓↓↓↓

美肌&美ボディ(ピンク囲い)

※ジェイエステでも18歳未満、中・高校生では親の同伴が必要です。高校卒業後の18歳、19歳はジェイエステでOK☆
最近は脱毛サロンも厳しくなって、ジェイエステ以外で親の同伴必要ない脱毛サロンは
全身脱毛しかないんです。詳しくは≫親の同席・電話なしの脱毛サロン

もし、親に内緒でワキ脱毛したい時は

サロンではトラブル回避の為に、親の同意に厳しい面がありますね。
高校生や大学生ならバイト代を貯めて、家庭用のレーザー脱毛器を購入するっていう手もあります。
未成年だとローンを組むことが難しいかもしれませんが、
高性能で永久脱毛できるトリアは約5万円で購入することができます。

家庭用レーザー脱毛の良い所は、ワキだけでなく全身を何回でも脱毛できること☆
使いやすさも効果も、エステに負けていないからすぐに元が取れてしまいます(*´v`)
エステだとワキは安く処理できても、足や腕を入れると軽く10万はかかってしまいますからね・・・

↓↓↓↓↓↓

未成年 自宅脱毛

 

⇒ミュゼ脇&V 0

ミュゼは完了コースで”満足するまで通える”のが嬉しい♪
「両ワキ&Vライン美容脱毛完了」0円

さらに10月31日までWeb予約価格で全身プランも0円で体験できる♪

脇とVラインは満足するまで通える&0円全身脱毛は過去最安☆

  わきVライン脱毛は追加料金は不要です( ´ ▽ ` )ノ


公式ページへ
page-top

未成年で当日中の脱毛はできる?

未成年者も成人の方も、そのまま契約した場合でも、当日のお手入れの予約はできません。
ミュゼはお客様を第一に考えていて、カウンセリング時に、
脱毛が合うかどうか、希望に添えるか真剣に向き合ってくれます。
お手入れに関する疑問点は納得のいくまで相談にのってくれます。
ミュゼは、無理な勧誘や営業を禁止していて、気持ちよく通ってもらうことを社是にしています。
「その場のノリで契約してしまった」という場合も考慮して、帰宅後に、ゆっくり検討できるように当日の施術を断っているそうです。
もちろんクーリングオフもOKです。 ミュゼで脱毛するのは最短で2回目の予約来店の時になります。

昔のミュゼは、親が同席しない場合は、脱毛を開始まで3回目の来店が必要だったのでずいぶん、未成年の女の子でも契約しやすくなったと思います(o´▽`o) 
ミュゼでカウンセリング後の当日脱毛 を詳しく見る。

親の同席・電話なしの脱毛サロン

未成年の脱毛契約は、どのサロンもだんだんと厳しくなっています。
以前は同席しなくてよかったジェイエステも、学生だと親同伴でないと契約できなくなりましたからね(*´・д・)ノ !

今、親への電話など一切なく、「同意書・承諾書」だけで契約できる脱毛サロンは”全身脱毛”ばかりです…

17歳、18差くらいの女子にいきなり全身脱毛は重いかもしれませんが、バイトをしていれば払えるくらい料金は安くなってるので検討してみるのもいいですよ☆

(18歳高校卒業後にわき脱毛を申し込めるのはジェイエステだけ、それ以外の未成年は全身脱毛しか選択肢なしってことです。。)

 

キレイモ

全身脱毛の中でも新しくて、対応も良い、人気のサロンです(o´∀`ノノ高校生でも入りやすい雰囲気で一番おすすめ☆月1万円で脱毛できる。

<未成年への対応>
キレイモは同意書のみ。親への電話と同席は不要。
だけど、同意書に不備があった場合(筆跡が同じ、記入漏れ)は、電話がいくので注意が必要です。

ラ・ヴォーグ

店舗数は多いけれど、会社の規模としては大きくない.サロンはアットホームな、友達の家のような雰囲気
月額は安い、脇や足だけの部位脱毛が無く、全身55部位か26部位のコースのみ。月5千円以下

新店舗

<未成年への対応>
同意書を持っていけば、電話確認、親の同席は不要。

RINRIN(リンリン)

マンションの一室という感じの店舗が多い。接客は良いし、値段も安い。お店は結構狭い。

脱毛サロンRiNRiN

<未成年への対応>
親の承諾書への記入、押印のみで18歳でも脱毛可能。


中学生での脱毛ってどう?

基本的に年齢制限は設けられていないミュゼの脱毛。
生理が2回目以降で順調であれば、ホルモンバランスが整ったとみなされ中学生でも脱毛できます。
早い子では小学校から、遅くても中学生の時には脇の毛は生えてきますよね。
肌トラブルに悩ませる前にと、親がお金を出して脱毛させてくれるケースもあります。
そんな中学生のミュゼ脱毛は未成年者なので親権者の同意が必要なのと、回数が変わってきます。
通常ミュゼでは脇脱毛完了コースと言って回数無制限ですが、16歳未満だと最高6回までに。
初回だとキャンペーン価格で脱毛完了コースを申し込むことができますが、回数は6回に変更されます。
これは、まだ成長段階にある体を考えてのこと。
もし回数を追加する場合は、通常価格となるので注意しましょう。

まとめ

未成年者がカウンセリング後すぐに契約したい場合には、親権者の自筆の同意書が必要です。
ミュゼの場合は、16歳以上から脱毛が可能になるので、16歳、17歳、18歳、19歳までの4年間が対象です。
親権者が同伴で無い場合は、同意書を渡してくれるので持ち帰りましょう。
同意書にサインと捺印をもらい、後日、同意書を店舗に持参して契約となります。
契約後に次回のお手入れの予約を取ることができます。

 

関連記事

ミュゼの学生割引と脱毛契約

何歳から脱毛できるの?

 

コンビニで同意書を印刷する方法

自宅にプリンタが無くて、同意書が印刷できない未成年の子もいますよね。ミュゼに1回行って同意書を貰うのが面倒な時は、ダウンロードした同意書をコンビニでプリントすることも出来ます。

ただ、ミュゼから案内されているローソン、セブン、ファミマの案内を見てもよく分からないと思うので、出来るだけ簡単なやり方を紹介しておきます(*´v`) 。

①この画像をタップして大きくした状態で、
スマホに保存します↓

同意書 ミュゼ コンビニ

②セブンイレブンで「普通紙プリント」を選びます。

コンビニでプリント

③WiFiでデータを送信。

④写真を選んで印刷

他にも各コンビ二で印刷方法は説明してあるんですけど。アプリを入れる時点でハードル高いんですよね。このやり方は、少し画像が荒くでるけど、文字は読めるので問題ありません。

さらに言うと、ミュゼの同意書は、PDFというファイルの形式になっていますけど。画像をA4サイズでプリントして、同意書として使用してもOKです。


実際のカウンセリングの流れは?

ミュゼのカウンセリングはどんな流れ?気になるポイントを紹介
ミュゼのCMや広告を見て、ミュゼに興味をもった人は多いですよね。
ホームページからWeb予約をした後に、初めに受けるのがカウンセリング。
脱毛が初めての人は高額のコースに勧誘されないか、契約をしないとしつこく説得されるのかと心配になってしまいますよね。
そんなミュゼが初めての未成年の子に向けて、カウンセリングの流れをポイントごとにまとめてみました♪

20歳未満の未成年の場合も基本は、大人と同じ。途中で同意書を記入して提出するところが違いますね。
親が同席してくれれば、不安も減ります。一連の流れを頭に入れておくだけで質問したいポイントなどがわかり、脱毛についても不安が少なくなりますよ。

ミュゼの無料カウンセリング

ミュゼでは最初にカウンセリングを無料で受け、そこで脱毛の仕組みや注意事項、コースについて教えてもらえます。
来店後に受付をすませたら、カウンセリング用の個室に案内されます。親も一緒に個室で待ちます。
そこで最初にすることは、カルテの記入(◍•ᴗ•◍)
カルテに記入といっても、用紙ではなくタブレット端末に個人情報を入力していきます。
ここで住所や生年月日だけではなく、脱毛希望のパーツや肌の状態についても答えます。これは脱毛する未成年者本人の情報を入力していきますよ☆
これを記入することで、自分だけのカルテが出来上がります。
入力し終わったら、スタッフが来るまでの間に脱毛の注意事項を書いた用紙に目を通しておきましょう。
ここまでがカウンセリングの第一段階です。

スタッフによる脱毛の仕組みについての説明

次に行われるのが、スタッフによる脱毛についての解説。
ここでは脱毛について毛周期や脱毛の間隔、効果をわかりやすく教えてくれます。
特に毛周期やエステ脱毛の効果については、しっかりと聞いておきましょう。きちんと理解しておかないと、なかなか効果が出ないと不安になってしまいます。
カルテ記入時に読んだ注意事項についても、ここで説明されます。未成年の場合、成長期のホルモンバランス変化で脱毛していても毛が生えてくることなど説明が追加されると思います★
特に脱毛前後で日焼けや飲酒、肌の乾燥など気をつけておきたいことがあります。
予防接種や薬の服用など、見逃しやすい内容が含まれている注意事項
わからないことは、ここで質問して確認しておくのがオススメですよ٩꒰。•◡•。꒱۶

脱毛コースの紹介と未成年の料金

脱毛の仕組みについて一通り理解したら、ミュゼの脱毛コースについての説明になります。
ミュゼでは脇やVラインの脱毛完了コースを除いて、それ以外はすべて回数制のコースとなっています。
回数制のコースの場合、キャンペーンによって半額になることがあるのでチェックするといいですよ(◍•ᴗ•◍)未成年の料金も、20歳以上の料金も同じです
高校生、大学生ともなれば大人と同じ体の大きさですから、当然ですね☆
コース自体は色々ありますが、全身脱毛のコースパーツが自由に選べるコースデリケートゾーン専用のコースなどがあります。
パーツごとに追加で脱毛していくと料金が高くなるので、あらかじめ予算の範囲で脱毛パーツを決めておくと選ぶのもラクです。未成年ならまずは脇脱毛から馴らしていくといいですね♪
ここでスタッフから料金についても説明されますが、エステなどでよく問題となるしつこい勧誘はミュゼにはありません。その点、親も断らなくて済むので、他のサロンよりラクに同席できる内容になっています。

最後にコースの選択と契約、同意書

最初に言いますが、ミュゼはカウンセリングを受けたからといって契約しなければならないということはありません。
あくまでも契約する場合のケースを想定した場合です。
契約時に必要となるのは、身分証明書と親権者同意書(未成年者の場合のみ)
ミュゼの契約に印鑑は必要ありません。承諾書には印鑑がいるので、当日のカウンセリングで押印する場合は、親の印鑑を持ってきます。
契約する場合、料金の支払いは現金かクレジットカードのみとなります。
クレジットカードなら、分割もきくので全身脱毛のコースでも支払いがしやすいですね。
その場で契約せずに帰った場合、カウンセリングを受けた店舗と別の店舗で契約することもできます。
契約すると決めたら、このタイミングで親権者同意書を記入するので、自宅で書類をダウンロードして記入しておくとスムーズに終わります。
カウンセリングの所要時間は1時間から1時間半ほどが目安です。

初回だけではなく、コースを契約するたびに受けるカウンセリング。カウンセリングは親同伴が手間が少ないので、体験したあとは少し多めに契約をするケースもあります。(何度も親に同席してもらったり、電話確認したりが面倒なため。) 未成年にとって親の確認や同伴が必要なのは、カウンセリングだけで、実際の施術の時は自分だけで行けるので恥ずかしさはないですよ(*´v`)
特に効果についてはスタッフならミュゼで脱毛を受けているので、実際のツルスベ肌を見ることができます♪
カウンセリングではわからないことも優しく解説してくれるので、リラックスして受けられますよ。
20歳未満でも完全無料なので、気になる方は申し込んでみてくださいね。

 

 

このページの先頭へ