脱毛女子ブログエステミュゼ口コミ>ミュゼシェーバー

ミュゼとコラボした限定「電気シェーバー」

ミュゼ シェーバー

ミュゼで使われているのは、パナソニックのフェリエという商品。そのPanasonicとミュゼがコラボした製品があるのをご存知ですか?
あまりの人気に、一般向けは一時完売となってしまいました。ミュゼに通ってるなら、見たことがある人も多いかもしれません。
シェービングサービスが残っている背中や襟足をお手入れするときに、ミュゼで使われています。

普通のシェーバーとの違い

製品自体はフェリエのスウィング機能がついているボディ用と変わりありません。
スウィング機能がミュゼのコラボ商品もついているので、ボディラインにフィットした剃り心地を味わうことができます♪
初期費用は1本1,000円以下で手に入るカミソリと違って少しかかりますが、替え刃もあるので壊れない限り何年も使い続けることができます。
他フェリエとミュゼのコラボ商品、1番の違いはそのパッケージ
コスメはパッケージが重視されますが、普段のお手入れに使う品々もできればデザイン重視でいきたいですよね٩꒰。•◡•。꒱۶
女性のココロに寄り添うミュゼだからこそ、重視したホワイトが基調のフェリエ。
一目見れば、人気が出たのもうなずけるデザインです。
コラボ シェーバー違い

ホワイトなので清潔感にあふれ、キャップの部分にミュゼ星とよばれるデザインが入っています。

体験口コミ・Panasonic『独自の丸い刃先』がすごくイイ!

他のメーカーでも電気シェーバーは色々な商品が出ていますよね。
1,000円切るようなカミソリと変わらないものまであるので、使ってみないとわからない部分もあります。
パナソニックとコラボしたフェリエは、ミュゼ会員限定のサイトで3,500円で発売中。
つい量販店などで他の商品を目にしてしまうと、安い商品に目移りしますよね。
でも3,500円出しても買いたいほどの性能が、フェリエにはあると言えます(◍•ᴗ•◍)
それは刃先が丸くなっているところ。拡大してみないとわかりづらいですが、1つ1つ分かれている刃先が肌にあたっても
傷つかないよう丸い形になっています。だからお肌を重視するミュゼで採用となったのですね。

シェーバーの口コミ

ただブランドがついているから、高いわけではないフェリエ。
値段には、相応の工夫が製品に隠されていいます。カミソリでトラブルを起こしがちな肌も、パッケージ重視なあなたもミュゼと
コラボしたフェリエなら安心ですね♪

私はもともとピンクのフェリエを持っていたのですが、デザイン的には普通。と思っていました。ミュゼのシェーバーはさりげなく☆マークがプリントされていたり、綺麗なホワイトのボディでちょっとした違いで可愛くテンションがあがりますね♪

剃り味もよく、デザインもGoodなミュゼのシェーバーは見た目にこだわる女子にとっては貴重な存在です☆

単4電池1本使用でコンパクト

電池を除いた重量も20gと軽いのが特徴。単4電池1本だけしか必要ないので、ポーチに忍ばせて外出先でもササッとケア。
いつもキレイでいたい女性の味方になってくれる商品です♪
単4(別売り)乾電池(LR03)1本

水や石鹸泡なしで剃れる

これはミュゼのシェーバーだけではないですが、パナソニックのフェリエシリーズは、水やシェービングフォーム無しでも、スムーズに剃れるのが特徴の一つ。今までT字カミソリしか使っていなかった女性には、とても手軽に感じると思いますよ♪
お風呂以外でも、ササッと10秒あれば剃れるのがミュゼ電気シェーバーやフェリエの良いところ☆
1,000円程度の電気シェーバーでも水不要と書かれている商品はありますが、むだ毛と一緒に皮膚を削ぎ取るようなガリガリ感があるので、水なしシェービングならやっぱりパナソニックがおすすめ♪

値段は高い

実際、コラボ商品って通常の商品より割高になるもので、ミュゼのシェーバーも、普通のフェリエよりも約1,000円程度高く,3,500円となっています。(アマゾンや楽天の最安値と比較)
パッケージにこだわらないなら、ミュゼでなくてもフェリエのボディ用を購入すれば、脱毛前の自己処理用としては問題ありません。丸刃も、スイングヘッドの機能も付いていますからね☆

替刃の購入方法

ミュゼでは替刃の販売は、店頭でもミュゼショッピング通販でも取り扱いがありません。
店舗スタッフさんに聞いてみたところ、切れ味が悪くなった時はまずは刃の掃除、電池交換をしてみてくださいとのこと。
刃の切れ味が悪くなっているようなら「フェリエ別売り替刃うぶ毛用」 「ES9275-K」が対応なんです。替刃はドラッグストアでは取扱いが少ないので、ネット購入が主になりますね。1,600円位です。
良い商品の替刃は、どのメーカーでも結構高いです。
なので、替刃を買うか、あと1,000円出して新品に変えるか悩みどころ。私は半年くらいで刃を変えたいので、そのたび本体を捨てるのは勿体ないので替刃を買います。

ミュゼサロンでの店頭販売

限定シェーバーの一番簡単な購入方法は、ミュゼサロンでの店頭販売ですね!受付で購入希望と伝えて、現金払いすればすぐに手に入ります。通販が面倒な時はこの方法。
別に脱毛施術の予約が入っていない日でも購入はできますよ(*´v`)!

楽天やamazonで購入できる?

ミュゼのコスメは楽天とアマゾンでの取り扱いがあるのですが、シェーバーは今のところ楽天&アマゾンでは売られていません
ミュゼオリジナル商品は品数が多いですからね…購入の場合はミュゼコスメ通販で購入できます。この方法はミュゼ脱毛の会員じゃなくてもOKですよ☆別のサロンに通っていて、コスメ関係はミュゼのものを使っている女性もいますからね!

他には、サロンで店頭購入するか、会員サイトのミュゼショッピングを使っての購入になります☆

ミュゼのシェーバーは使い回し?

使い回しというと、とても不潔に聞こえるかもしれませんが…ミュゼのシェーバーは消毒をしっかりしたうえで、複数の人に使われます。刃はお客さんごとに交換して消毒することになっているので、衛生面で過度に心配する必要はないです。
内科や歯科など病院での衛生器具も全てが使い捨てではなく、消毒して使いまわすものはありますからね。
脱毛サロンでシェーバーを使い捨てにしているところは聞いたことがありません。一部のサロンでマイシェーバー制度があるくらいです。ミュゼに限らずシェーバーは使いまわされているということです。

[関連]

脱毛サロン「シェービング」違い:10社のシェービングサービス料金と、電気シェーバーの種類なんかをまとめてます☆


⇒ミュゼ脇&V 100円

ミュゼは完了コースで”満足するまで通える”のが嬉しい♪
「両ワキ&Vライン美容脱毛完了」100円

10月Web予約価格。夏キャンペーン

脇とVラインは満足するまで通えて、100円は最安☆

  わきVライン脱毛は追加料金は不要です( ´ ▽ ` )ノ


公式ページへ
page-top
 

 

シェーバー代

ミュゼではシェーバー料金は取られません。ただ、剃り残しがある場合は施術ができない場合があるので注意が必要です。

脱毛前は電気シェーバーが必須

脱毛の前のムダ毛自己処理。肌を傷めないおすすめの方法はこれ!
ミュゼのシェービングサービスが一部のパーツを除き廃止されてから、気になりだした人も多い脱毛前のムダ毛処理。
乾燥してしまうと脱毛効率が落ちることもあって、処理方法には気を使いますよね。
自己処理で赤みが出てしまうと施術は難しくなります。
だからと言って、数日前に剃るのはムダ毛が生えてきてしまうので考えもの。
ミュゼで自己処理はカミソリかシェーバーがおすすめと書いてありますが、どちらがいいのでしょうか。
剃ることに関してはカミソリもシェーバーも同じ(◍•ᴗ•◍)
今までカミソリで剃ってきたという女性は多いですよね。
でも角質を傷つけることもあるため、肌トラブルの原因となってしまうカミソリでの自己処理。
ワキなど平らでない部分は、何回かカミソリを滑らすことで毛穴が角質化され目立ってしまう人もいます。
そんなデリケートな皮膚や、脱毛前に肌を整えておきたい人に向いているのはシェーバーの方。

シェーバーとカミソリの違いは?

シェーバーとカミソリの大きな違いは2点ほど。
1点目はシェーバーなら肌を水に濡らす必要がないということ。
肌は髪と同様、濡れていると傷みやすくなります。その点、振動でムダ毛を剃れるシェーバーは肌を濡らさないので傷みにくい
とされます。
2点目は寝ている毛のお手入れの仕方。カミソリは毛の流れと逆にしないと、寝ている毛を起こすことはできないですよね。
毛と逆方向でカミソリを当ててしまうと深剃りのし過ぎで肌が赤くなったり、ヒリヒリと傷むこともあります。
その点でも電気シェーバーでのシェービングなら、振動で寝ている毛を起こすので肌に優しいお手入れがOK!
だからミュゼでも、脱毛前のムダ毛処理にシェーバーが採用されているのです。



このページの先頭へ