脱毛女子ブログエステミュゼ口コミ>ハイジニーナ脱毛と粘膜

VIOライン脱毛で粘膜は脱毛NG「ミュゼ」

ミュゼ 粘膜

ミュゼで人気のハイジニーナ脱毛を契約した場合、微妙な部位である"粘膜部分"は脱毛範囲外になります。

理由1:刺激に弱い部分だから

脱毛できない理由は、やはり粘膜はデリケートでやけどや肌トラブルの危険があるからです。

粘膜の部分というと口や鼻の中など、刺激に敏感な部分といったイメージがありますよね。トラブルの確率が上がる粘膜への照射は、ミュゼを含めてほとんどのエステサロンで脱毛範囲外になっています。どうしても粘膜脱毛したい人はクリニックを検討することになります。(*´v`)

≫粘膜もハイジニーナ脱毛できるクリニックまとめ


理由2:粘膜に毛はほぼ生えていない

ハイジニーナに含まれる粘膜は大陰唇の周りの部分です。
口の中を思い浮かべるとわかりやすいですが、鼻の穴を除き粘膜部分にほとんどの人は毛は生えていません☆

陰毛も皮膚の部分を中心で、本来粘膜には生えていないんです。だから、粘膜以外の毛を処理しておけばIラインの脱毛は満足できる可能性がかなり高いです。
ミュゼでも粘膜は紙ショーツで隠して、皮膚の部分だけにフラッシュを当てていきます٩꒰。•◡•。꒱۶


Iラインの施術範囲

VIOラインを脱毛するときに最初に気になってくるのが、範囲の問題。
ミュゼではIラインの脱毛は、ピンクの紙ショーツを履いて行います。
スタッフが女性でも局部を丸出しで脱毛してもらうわけではないので、ホッとしますよね♪
その紙ショーツを履いたうえで、出ている皮膚の部分を脱毛していくことのなります。

上の方のVラインは普通の肌なのでいいとしても、問題はIやOといった足の間の部分ですよね。
股間、わかりやすく言うと性器の部分は皮膚が粘膜と繋がっています(´ー`* ))境目が分かりにくいと思われるかもしれませんが、ミュゼスタッフさんはプロなので、粘膜との境目で的確に照射してくれます。粘膜には毛が生えていないと言いましたとおり、毛穴、毛が無いので粘膜側を照射することもないですね☆

粘膜以外を照射してスッキリ

粘膜付近など、どうしてもフラッシュを当てられない部分は出てきてしまいます。でも皮膚の部分を脱毛するだけでも、グッときれいになるハイジニーナの部分。
デリケートゾーンなので、痛みが嫌いな人にはミュゼなどのサロンでの脱毛がおススメです。 粘膜近く、粘膜まで脱毛できるアリシアクリニックなどは、安全面は大丈夫でも、痛みはやはりありますからね。Iラインは脱毛の痛みも感じやすい部位です。ミュゼでもハイジニーナ脱毛を続ければ、毛のほとんどはなくなるので、気分的にもスッキリしますよ◎

⇒ミュゼ 50円均一

ミュゼは完了コースで”満足するまで通える”のが嬉しい♪
「両ワキ&Vライン美容脱毛完了」100円

さらに5月31日までWeb予約価格は1部位50円均一♪

脇とVラインは満足するまで通えて、100円は格安☆

  わきVライン脱毛は追加料金は不要です( ´ ▽ ` )ノ


公式ページへ
page-top

粘膜部分のムダ毛までキッチリ脱毛したい時は?

Iラインは普通の皮膚と粘膜が隣り合っているため、脱毛の範囲を決めにくいパーツ。
よくIラインをサロンで脱毛するときは、粘膜近くのギリギリの範囲まで施術をお願いする人もいます。
でも毛深かったりすると、粘膜部分の毛まで気になる人もいますよね。
粘膜はミュゼではできないため、そのあたりのムダ毛は自己処理に頼ることに。
自己処理だと毛が太いせいかチクチクして、かゆくなってしまったり(≧Д≦)
毛抜きで抜くと、性器に近いパーツだけあって雑菌が入り炎症を起こしてしまうこともあります。
毛深いのが悩みで、粘膜も脱毛してキレイになりたい女性もいますよね?
どこからが普通の皮膚で、どこからが粘膜かは一目見ただけじゃわからないもの。
フラッシュが当たってしまうと性器を傷めてしまう可能性があります。
そのため脱毛サロンでは粘膜はできませんが、一部の医療機関ならできるんです。
医療脱毛の大手の湘南美容外科や、アリシアクリニックなどが有名です。
脱毛を行っているすべての病院ではないので、住んでいる地域によっては通いづらいこともあります。
首都圏だと比較的集まっているようなので、気になる人は近くの病院を探すのもいいですよね◎

デリケートゾーンならではの相談しにくさがあるハイジニーナ脱毛。
ミュゼではキャンペーンを使ってお得に脱毛できるので、夏に向けてキレイにしておきたい女子が急増中です!
自分で悩んでしまうより、思い切って脱毛のプロに任せてみる方が気持ちも晴れておススメですよ٩꒰。•◡•。꒱۶

 

最近流行りのハイジニーナってなに?

今、脱毛する人が増えている《ハイジニーナ》。どこの場所を指すか知っていますか?
衛生という意味の単語「hygiene」をもじったハイジニーナはデリケートゾーンの脱毛を意味するんです。
毛が太く濃い場所だから、自己処理も1番難しい場所ですよね。
なかなか上手くムダ毛の処理ができず、悩んでいた女性も多いデリケートゾーン。
年齢を問わず気になる場所でもあります。
そこをプロに任せて、悩みから解放されたいですよね♪そんな女性達から支持されて人気が高まったハイジニーナ脱毛。粘膜と隣り合わせのハイジニーナ。どこまで脱毛してくれるの?って気になりますよね。
(別名VIO脱毛ともいわれます。)どこまで脱毛できるか、くわしくまとめてみました٩꒰。•◡•。꒱۶


 

このページの先頭へ