脱毛女子ブログ脱毛のお勉強>SHR方式脱毛(蓄熱式)の効果と口コミ

蓄熱式脱毛(SHR式脱毛)とは?何がすごいの?

shr脱毛

蓄熱式脱毛(SHR式脱毛)とは、次世代の脱毛と期待されている、
早い・痛くない・低リスクの脱毛です(*´∀`*) 

育毛技術を逆手に取って、バルジ部や毛包部の活動を停止させることで脱毛する方法で、さらに今までの脱毛方法の弱点をしっかりと補ってくれます

SHR効果体験レポは記事下で>
まずは、蓄熱方式での脱毛の良いところや特徴を紹介しますね!

これまでの脱毛方法の弱点克服

今までの脱毛というのは、大手ミュゼや脱毛ラボで取り入れられているSSC方式銀座カラーなどのIPL脱毛で、俗に言う光脱毛のこと。成長期の毛にのみ有効というところが大きなデメリットでした。

これらは、休眠している7割の毛根に対しては1回の脱毛では効果がありませんでしたが、SHR式脱毛は一度で全ての毛に対してアプローチが可能です(o´▽`o) 

shrの効果

また、10秒間で約1000本ものムダ毛を同時処理することができるうえ、今までのように毛周期に合わせ3年ほど通う必要も無くなるので、脱毛期間・間隔を早く終わらせることが出来るようになりました!

しかもSHR式脱毛では、毛質や毛周期に関係ないので、今までのような大きな個人差もありません(*´v`) 
毛包やバルジ部周辺に、今までよりも低めの温度で繰り返し照射して破壊する方法なので、高温施術による肌へのダメージが少なく、痛みもほとんど無いくらい少なくなりました☆

硬毛化や増毛化といったリスクもSHR式脱毛では起こらないこともメリットですね。

良いことだらけと思われる蓄熱式の脱毛器、デメリットはあるのでしょうか?

デメリットはあるの?副作用とか

SHR式脱毛のデメリットとしては、まだまだ新しい技術のため10年後や20年後に毛が再生されないかについて実証することができない点です。他の脱毛方式に比べると、実績と年数経過での効果の持続性の情報に欠けているということですね。
でも、今までの脱毛方法の弱点をしっかりと補っているので、今後はこのSHR式脱毛を取り入れるサロンも増えてくるでしょうね(*´v`) 

蓄熱式を体験してきました!

最近、聖心美容クリニックでSHRの脱毛器が全医院に導入されたということで、体験してきました(o´▽`o)

施術はというとホントに早いですね!
動画が参考になるので見てみるといいかも↓ 聖心ではないですが、SHR式脱毛の様子です↓


SHR以外の脱毛機だと、ピッピッピッと1ショット(1回の光点滅)で1秒はかかる感じですが、蓄熱式の光照射は素早く点滅する脱毛器のヘッドを、肌の上を滑らすように当てていきます。あっという間に全身の施術が終わりますね(* ゚Д゚)

効果が違ったクリニックのSHR式

ちなみに、SHR脱毛は以前、エステサロン「ラココ」でやったことがあって、その時は毛抜け効果は目に見えるものではなかったので、あまり期待はしてませんでした('・_・`) 蓄熱式はゆっくり毛を減らすレベルのものだと思ってたんですよね。。 ≫エステでのSHR体験レポはこちら。

聖心には、痛くないんだから、効果は低いよね!という気持ちで申込。これまでエステも医療レーザーも制覇してますからね☆高い効果を求めるなら痛みは避けられないっていうのが常識です(*´・д・)ノ

で、実際に聖心美容クリニックでの施術はホントに痛くないのですが、施術後にはビックリ!レーザー脱毛と同じように毛に元気がなくなり、1週間ぐらいでするんと抜けてきました(*゚Д゚*) !期待していなかっただけに、弱った毛を発見した時にはかなり嬉しくなりましたね♪あんなに痛くなかったのに、抜けてきてるって(*´艸`)☆  

SHR脱毛が気になる方は、クリニックの方が効果で満足できそうですね。ただ、全国的にマシン導入しているのは聖心美容クリニックだけです↓

クリニックのSHR脱毛効果
≫聖心SHR脱毛の体験口コミはこちら

 

ソプラノアイスプレミアム

聖心美容クリニックは、美容室っぽい待合空間だったり、病院っぽくないので、脱毛以外も結構オススメ☆

施術は早いし気持ちいい

施術は、部位ごとに連射式のヘッドを滑らすように往復させます。例えば膝下なら表側の片脚すね部分で1~2分マッサージするように、機械ヘッドを当てていきます。 私は全く痛くなく、ほんのり温かい感じでした。レーザー脱毛と決定的に違うのは、パチンパチンという弾く痛みがまったくない事。脱毛は多少なり照射した瞬間が痛いのは我慢が必要ですけど、SHR脱毛は連続照射。暖かいリンパマッサージみたいで気持ちよかったです☆  ちょっと骨にゴリゴリされるくらいしっかり当ててくれるところが、エステサロンとも違うと感じましたね。きちんと施術しないと効果でないですからね(*´・д・)ノ

ただ、施術の早さでいうとエステのラココに比べたら、聖心の方が時間がかかると思います。なぜなら、かなり丁寧に部位ごとに出力テストをやってくれるからです。蓄熱式の脱毛で痛みは無いとはいえ、やけどなどの肌トラブルをさけるためでしょうね!安心感ありますね☆ 

 

SHR脱毛器を扱っているエステサロン・クリニック

まだ、SHR導入のサロンやクリニックは少ないです。クリニックで全院導入しているのは、聖心美容クリニックだけですね☆東京、大阪、名古屋に展開している椿美容クリニックで4院対応。他は地域の皮膚科などで導入しているところがポツポツとありますが、地域クリニックは口コミが分からないので選びずらいですね('・_・`)  医療脱毛といえば今もYAGレーザーなど痛みの強いマシンが中心です。

脱毛サロンでは、全国規模でSHR導入しているところはありません。大きなところだと、ストラッシュ(STLASSH)ラココ(La coco)アイセル(icell)が多店舗展開しています。

ストラッシュとラココは、東京と大阪にサロンがあるので通いやすいし、口コミも比較的多いです(*'U`*) 

 

ここから、以前体験したラココのSHR脱毛レポートです。効果は聖心美容ほどでは無かったですが、発毛のスピードが遅くなった実感はあったので、クリニックほどお金は掛けられないけど、早く、無痛で脱毛したい人にはいいと思います.(*'v`*)+


エステでSHR脱毛を体験しました

関東では、ラココ(La coco)が有名みたいで、WEBサイトも料金設定など見やすかったので、こちらに行ってきました。全身脱毛がたった20分というのが本当なのか、気になったので全身脱毛でトライです( ,,`・ ω´・) ☆カウンセリングや、契約方法、コース設定は他の全身脱毛サロンと同じような感じです。

エステでSHR脱毛体験
≫ラココの詳しい体験口コミはこちら。

施術は本当にあっという間ですね~!これだけで終わり?と拍子抜けするくらい。普通の光脱毛器だとピカピカと1回ずつボタンを押して照射されるのですが、ラココのSHR脱毛だと自動で点滅する脱毛器を身体にあてていくんです。痛みもないし、どんどん照射してもらって全身脱毛特有の寒さも気になりません♪

効果はどうだったか??

1回でむだ毛の抜け具合は、はっきりと分かりませんね(*´・д・)ノ
もともと他で脱毛しているので、うぶ毛程度しか残って位いないのですが、毛はラココの施術後も生えて来ました。ただ、生えるのが遅いっていう実感はあって、そういうところで効果を感じられそうです☆
他の脱毛方式のように、施術2週間後にポロポロ毛が抜けてくるというものではないですね。
徐々に細く、生えなくなってくるというのがSHR脱毛の特徴ですからね.(*'v`*)

ラココに継続で通った方から口コミレポートを投稿いただいたので、こちら>を参考にしてみてください。

20分で全身脱毛が終わる魅力

全身脱毛にかかる時間は、ここ数年で本当に短く短縮されています。
10年前は4~6時間かかるのが当たり前だったそうですが…

時間が無いOLさんや、子育てママにもラココみたいなSHR方式の脱毛で20分で全身脱毛できるなら、かなり重宝しそうですね(o´∀`ノノ

痛みや効果が心配な方は、ラココの脇&Vライン通い放題50円キャンペーンを利用してみるといいと思いますよ。これだけで何度も照射ができるので効果も確認できるし、かなりお得です

 

実績がある全身脱毛で、それなりの早さ(60分~90分)、安さを重視したいなら脱毛ラボがおすすめ。

※キャンペーン

>脱毛ラボの全身脱毛口コミ

 

 

蓄熱式をもっと詳しく知る

SHR式脱毛は痛みも少なく効果もわかりやすくメリットがいっぱいです。脱毛機器の中でも最新。人それぞれに合わせて細かく設定ができるので毛の太さから肌の色味もわかるんですね。
何よりすぐに広い範囲の脱毛ができるため時間短縮にもつながります。将来的には永久脱毛や医療脱毛まで実現可能と言われる脱毛です。値段もリーズナブルです。
SHR式脱毛のデメリットもあります。デメリットはまだ使われているところが少ないので使う人は実験状態になってしまいます。使ったことがる人がいてもまだ数年しかたっていない人が多いです。もしかしたら数年たったら体に影響が出てくる可能性もあります。早く痛みもなく効果が出て抜けるものほど体に怖いものはありません。施術の時間短縮の歴史は、全身脱毛サロンが出来て、脱毛ラボで2時間ていう早さで施術してもらえるようになって…それからシースリーで45分。ラココで20分に短縮されたのは、ここ5年の進化です。

 

体験プラン受付中のSHR脱毛クリニック↓

ソプラノアイスプレミアム

 

 

このページの先頭へ