埋もれ毛の原因は間違った自己処理と保湿不足

毛が皮膚の下に埋もれてしまう"埋もれ毛"は
カミソリ、毛抜きなどによる自己処理が原因になっています(゚´Д`゚)゚

埋もれ毛の画像、原因

傷んだ皮膚の修復は、毛の成長よりも早い為に、
皮膚の下に毛が埋もれたまま出てこられなくなってしまうのです。

 酷くなると毛穴部分が盛り上がり、
皮膚下は黒い状態になるので、ブツブツと目立ちます(;゚Д゚i|!)
 

また、脱毛後に十分保湿をしないことも原因の一つで、
硬くなった角質で毛がおおわれてしまいます。

さらに、埋もれ毛のままでは、
光もレーザー脱毛も効果が無い
のも問題です☆

毛抜き、脱毛器による埋もれ毛

毛抜きで1本ずつ抜いたり、抜くタイプの脱毛器を使うと
埋もれ毛になりやすいと言われています。

スルンと抜けば傷はできないから大丈夫じゃないの?
思われるかもしれません。

でも、毛は毛先よりも毛根の方が太い構造です。
健康な太い毛根を無理やり引っ張ると、毛穴(出口)部分で
引っかかり炎症になるという原理
です('・_・`)

 私自身、高校時代に使った脱毛器ソイエで埋没毛が増えて、
治すのに本当に時間が掛かりました(> <;;)

毛の断面が目立たないように無駄毛を処理したい場合は、
埋もれ毛を防ぐ為にも、レーザー脱毛をおすすめします☆

カミソリでの埋もれ毛

これは想像が付くと思いますが、
カミソリの刃は毛だけでなく、肌表面にも細かい傷を作ります。
この傷が修復される時に毛にかぶってしまって埋もれ毛となるんですね。

埋もれ毛を作らず、手軽な除毛方法は、電気シェーバーを使う事です☆
電気シェーバーなら、直接刃が触れないので肌を傷つけません。

1度出来たら再発しやすい

埋もれ毛は、一旦出来てしまって毛穴が広がってしまうと、
中に入った毛を出しても再発してしまうことが多いです(´Д`;)
ですから、埋もれ毛に気が付いたら、それ以上増やさない為に
すぐにカミソリや毛抜きを止めて、
毛穴にダメージの少ない脱毛方法に変えましょう☆ とにかく埋もれ毛は出来たら対処が大変です…

 

できてしまった埋もれ毛対策

膝脱毛で埋没毛なし(画像)

埋もれ毛の原因が、簡単で手軽なむだ毛処理に手を付けてしまっていることというのは分かって頂けたでしょうか?いくら埋もれた毛を引っ張りだしたり、つついたりしても、次から次に埋没毛が出来てきます。むしろ増え続けることでしょう。原因を知ったら、まずは処理を電気シェーバーやワックスに変えて下さい。根本的な埋もれ毛の解消には、毛根が無くなることしかないので、永久脱毛、エステ脱毛で対処しましょう!

放置すると、埋もれだけではなくて炎症が黒ずみになったり、肌がどんどん汚くなってしまうのが埋もれ毛処理の怖いところです。

簡単なやり方で済ませずに、ぜひ本腰を入れてキレイな足、埋もれ毛の無い膝を手に入れてください(o´▽`o) 


 

このページの先頭へ