脇脱毛の失敗談紹介

脱毛女子あん口コミ【ましゅ肌】ブログ 脱毛 体験画像

ワキ脱毛の失敗も成功も紹介

管理人は、20代前半で脱毛を始めて、結婚、妊娠&出産で一時中断。

30歳までにほぼツルツルのむだ毛無し肌を手に入れた脱毛女子あんです。

ワキのお手入れは、誰もが通るむだ毛処理の最初の一歩ではないでしょうか。

一番たくさん処理する場所とも言える部分、”ワキ”は、実は体の中でも皮膚が薄くて伸びる、むだ毛処理しにくいパーツなんですよね。

けれど、初心者の多くの女性はワキをカミソリで処理してしまっています。

実際私もそうでしたが…カミソリでむだ毛を剃ると、実は肌が傷ついていて、埋没毛、肌荒れ、ぶつぶつ、黒ずみ・・・など多くの肌トラブルを引き起こしてしまうんです!

\よく読まれている記事/

濃い脇毛 脱毛結果

 

わきは傷みやすいデリケートな部位

ワキは体の中でもやわらかでしなやかな皮膚です。

カミソリは使わず、脱毛や脱毛クリームなどを使って、負担を最小限にしてあげるべきです。

ワキ毛処理がその場しのぎになっていることが気になり、このサイトを立ち上げました。

女の子らしいキレイな脇をキープするために、正しい脇のお手入れ方法をこのブログでご紹介していきます。

人には話ずらい脇の悩みの解決に

わきの悩みはなかなか人には話ずらい、でも臭いや汗のことなど女性なら色々悩むポイントも多いものです。

よくある脇の悩みにも答えていきます。

お気軽にお問い合わせください(^^)

 

カミソリ脇脱毛の失敗談

私は現在26歳、専業主婦をしています。元々毛が濃い体質で、学生の頃等これまではお金も無かったのでカミソリで処理してきました。特に脇毛が濃くて、生えるペースも早かったのでカミソリ処理だと毎晩しなければなりませんでした。 毎晩カミソリ処理をし、処理後のケアなんかも全くしていなかったせいか、皮膚が刺激に負けて黒ずんで鮫肌のようになってしまい、夏場など薄着の時や水着の際、人前で腕を上げることが恥ずかしく“人に見せられない脇”になってしまっていました。しかも、皮膚の下に埋まって生えている毛“埋没毛”がたくさんあり、剃れば剃るほど濃くなった毛が生えてきた時は痒くチクチク痛いしで、とても不愉快な脇毛でした。彼氏ができた時も、結婚してからも、脇だけは見せないように死守してきました。(笑)ずっと黒ずんで汚い脇がコンプレックスでした。時々チラリと見えてしまった時、前日に剃ったのに翌朝には生え始めた毛を見て“ゴマになってる笑”と笑われてしまい、その時は一緒に“も?”とか言って笑っていましたが内心とてもショックでした。 コンプレックスの脇をなんとかキレイにしたいという思いはありましたが、お金もかけられないのでネットで色々と最善な自己処理方を勉強しては試してきました。1万円くらいで買える脱毛器を使ったり、除毛クリームで溶かしたり、電動シェーバーを使ったり、様々試してきました。そして、処理後はちゃんと保湿もして、黒ずみにはビタミンc誘導体が効くと知ればその有効成分が含まれた化粧水でパックなんかもしていました。色々試してきた結果、最も自分にとって合っていた脇毛の脱毛方法は、“松ヤニワックス”です。 ちょうどその当日、友人達の間でブラジリアンワックスが流行っていて、サロンでブラジリアンを行なった友人がだんだんと毛が生えてこなくなったと言っていたのを聞いて、試してみたかったのです。でもサロンに通うお金も無かったので、ドラッグストアでセルフでできるブラジリアンワックスを購入しました。自宅で試した結果、ワックスをムラなく薄く塗り、その上から専用テープを貼りはがすという単純作業でしたが、脇だとやりづらく塗り方や剥がし方などコツが必要で余りうまく脱毛できませんでした。そこで次にドラッグストアで購入し試したのが松ヤニワックスでした。中東の女性の間では昔から愛用されてきたという松ヤニワックス。ドラッグストアで売っているものは、元々テープにワックスがついているので、そのテープを脇に貼り付け剥がすだけという簡単な作業でした。ある程度の長さまで生やした脇毛にテープを貼り、一気に剥がします。始めは少し勇気が必要でしたが、慣れればごっそり根元から抜ける毛に満足でき、快感さえありました。 松ヤニワックスを始めた当初は1週間に1回ペースで毛が生えてくる感じで、毎日の脱毛が随分楽になりました。しかも、続けているとだんだんと毛が生えるスパンが長くなり、松ヤニを始めて半年近く経ちますが、今では2?3週間に一度ペースで済んでいます。毛も薄くなったように感じています。脇にかかる負担も減ったお陰か、黒ずみも薄くなってきていて、これなら今年の夏にはノースリーブもチャレンジできるかもしれないとワクワクしています。

水泳の授業で脇毛を指摘される失敗

夏になるとムダ毛が気になりますよね。私は関東在住の現在は四十代主婦ですが、恥ずかしながら高校生の時に、水泳の授業の後に友人に脇毛を指摘されてしまいました。それまで、家にあったカミソリで処理はしていたのですが、処理が甘かったのです。友人たちはもっときちんと処理をしているらしいと意識した切っ掛けでした。 カミソリで処理をすると手軽ですが、断面が太くなるせいか次に生えてきた毛が、濃くなった印象になります。なによりデリケートな部分なのでカミソリ負けしやすく、時々肌が赤くなったり痒くなったこともありました。 そこで除毛クリームを使用してみました。クリームを塗って待ち、洗い流すだけでムダ毛が取れてつるつるになります。初めて使った際には、その光景に感動すら覚えました。しかし、ムダ毛が目立たないようにするためには2~3日に1度は処理をしなければなりません。これがカミソリに比べて面倒と感じました。また、脇毛の場合は除毛クリームを塗りにくかったり、塗って待つ間に落ちてしまう箇所もあることが気になります。お風呂場で処理をしたいのですが、身体が濡れていると効果が出ないため、濡らさないようにすることも難しく感じました。そのため、しっかり除毛したい時は除毛クリームを使いましたが、失敗して、結局はカミソリに戻ってしまいました。 その後、社会人になり働き出してから、自分のお金でエステに通い脱毛をしてみることにしました。カミソリをメインに続けてきた処理ですが、やはり手間もかかり肌の負担も気になります。ちょうど婚活も始めたところで、ムダ毛を無くしたいという意思も高まっていました。 エステは駅に近く通いやすく、口コミで勧誘をあまりしないと書かれている所を選びました。また何回でいくらと書いてある場合、その回数でしっかり脱毛できるのか不安もあったため、回数無制限でできるコースがあるエステにしました。 全身脱毛コースもありましたが、初めての経験でそこまでは決心できず、はやり最初は気になっていた脇毛だけをお願いすることにしました。回数無制限で約2万5千円でした。少ない回数でもっと安い所もありますが、実際にやってみて私の場合は10回は必要でしたので、無制限のコースにして良かったと思っています。 覚悟していた痛みも、照射された際にチクッとした刺激がたまにあるだけで、我慢できないものではありませんでした。通っている間に肌のトラブルもなく、強引な他のコースへの勧誘もなかったため、私のほうから他の部位もお願いしました。そのため、最終的は全身脱毛コースに近い金額を支払っていたので、不安があったとはいえ最初から全身脱毛コースでも良かったかも知れません。 脇毛は足などよりもしつこく、目立たなくなっても細いムダ毛が生えてきたりしましたので、私はゆっくりと2年近く通って処理をしてもらいました。そのため、今ではカミソリをあてることもありません。その後、水泳も通い始めましたが、脇毛を気にすることなく水着を着ることができてストレスがありませんでした。結婚・出産も経験しましたが、一度脱毛したところは、その後もつるつるで助かっています。

 

中学生で脇毛の失敗|異性の友達に笑われる

私は、東海地方に住んでいる19歳・女性です。 小学生の頃から体毛が人よりも濃くて、すごく悩みましたし、コンプレックスでした。 中学生になり、ある程度女性らしくいたいという思いが芽生えましたがその時に、体毛で嫌な思いをしたのです。 それは、脇毛です。 夏の体育祭の時に、ノースリーブの衣装を着なきゃいけなくて普通に何も考えずに着ましたが、その時に脇毛の処理をおろそかにしていたのです。 異性の友達が、「女として終わってる」とヒソヒソ話しながら笑い話にしていることにショックでした。 それ以来、ずっと私は少しでも毛が伸びるたびにカミソリで処理していました。 二度と同じ経験をしたくない一心で、頑張っていましたが、実はそれが逆効果だったのです。 友人と温泉に行った際に、毛のお手入れの話をしました。私は毛は、脱毛かカミソリで処理する方法以外はないと思っていましたが、実際には脱毛クリームや電気カミソリなどがあると知りました。 友人に「そんなに頻繁に処理をしたら、黒ずんでしまうよ?」と言われ、友人の脇と私の脇の肌の色を比較してみると、私は真っ黒でした。 自分では、全く気づかなかったので本当に驚きましたし、像の肌のようでショックでした。 毛の処理ばかり気にしていたので、肌のアフターケアは一切していなかった結果でした。 自分の知識のなさもそうなった原因だと思います。 友人は思春期になると、どう処理をするかやその方法のメリット・デメリットを家族やインターネットで調べていたそうです。 私は、テレビのコマーシャルで見た方法しか知らなかったですし、何故かそれが全てと思い込んで家族聞きもしませんでした。 自分の脇の黒ずみが発覚してからは、カミソリで処理する頻度を下げました。 特に、露出の少ない冬は肌のためにも最低限にし無駄な刺激を与えないようにし、お風呂上がりの際は美白クリームを肌に塗りました。 それだけで1年後には、平均的な人の脇の色に戻っていましたし、逆にツルツルしていました。 ですが、カミソリで剃り続けた毛は、平均的よりもずっと濃く太くて強い毛で、せっかくお手入れした脇の肌はあまり見えませんでした。 それから、私は家庭用脱毛器を購入しました。 カミソリを使わなくていいようにしたかったのですが、サロンでやってもらうと、かなり高額だったので自分には一番合っていたからです。 その家庭用脱毛器は、有名な会社が販売していて口コミも十分あったので安心して使用していました。 その結果、半年後には気にならないくらいになったのです。しかも毛が生えたとしても、赤ちゃんの毛のように薄くて柔らかい毛で、全く目立ちませんでした。 今では、他の部分の毛を処理する際も、家庭用脱毛器を使用しています。 幼い頃に、何も考えずにコンプレックスをなくすことばかり優先してしまったのが、後々凄く後悔する結果になりました。ですが、適切な処理を選択すればそれは防げることなので、是非調べて考えてから処理をして欲しいです。

>中学生の脇毛処理

 

カミソリで失敗して脇毛は抜くようになった

43歳、無職、神奈川県 脇毛のお手入れの方法はいくつもありますが、シンプルな方法の毛抜きで自己処理をしています。脇毛が生えてきた頃から毛抜き一筋と言いたいところですが途中でカミソリに変えたときもありました。でも、カミソリのときに肌荒れの失敗を起こしたことがあって毛抜きに戻りそれからは毛抜き一筋です。 自己処理方法のなかで毛抜きはカミソリやワックスなどとは違って毛だけを触ります。カミソリやワックスは周りの皮膚にも触ってしまいます。それに毛抜きは鏡と毛抜きを用意するだけで手間が掛かりません。毛抜きと鏡があればお手入れができるという優れものでもあります。毛だけを抜くというシンプルな方法がわたしには合っています。 毛抜きで大変なことといえば想像できるかもしれませんが、鏡を見て脇毛を抜きます。毛抜きを動かそうとすると鏡なので反対に動きます。これが慣れるまでは大変でした。 始めは脇を直接見て脇毛を抜いていました。首が疲れて辛かったですがそれはそれで楽しかったです。でも、段々年齢とともに直接見て抜くのが大変になってきて鏡を使うようになりました。鏡を使うと反対に映ることに慣れるととても簡単に抜くことができます。 鏡を見て毛抜きで処理をするときによく失敗するのが生えている毛の向きと反対方向に毛抜きを動かしてしまってターゲットにしていた脇毛を毛抜きで挟めなくなることです。脇毛を挟めたと思い抜く動作をしても抜けていません。それでまた同じ脇毛を鏡を見て挟もうとすることを何度かします。なので、1度で抜けたときはとても爽快な気分です。 そして、痛い思いをすることがあるんですがそれは脇毛の根元を挟んで抜くのでたまに肌を挟んでしまうことです。これは力の加減によって痛さが違いますが、力強く引っ張ってしまったときは涙が出るほど痛いです。慣れてくると肌を挟んでいる感覚がわかりますので間違って肌を挟んでしまうことはありません。 毛抜きで処理するときのコツがあります。脇毛を抜くときに痛い思いをしないで抜く方法があります。それは生えている脇毛の向きが一本一本違うので、脇毛の向きを鏡で確認しながら毛抜きで挟み生えている方向に向かって抜いていきます。そのときに注意したいのが力任せに抜かないことです。いくら脇毛が生えている方向に抜いていても力任せに抜くのは痛いです。あくまでもそっとです。毛がスッと抜けるくらいの力だと痛くありません。 そして、最も重要なのが毛抜きです。よく救急箱に入っている毛抜きがありますがそれを使うとわかりますが力が入らずに逃げてしまいます。その毛抜きは脇毛を抜くのには向いていません。ちゃんと専用の毛抜きが販売されていますのでそちらをお勧めします。できれば実際に手に取って力が入るものか確かめられるのがいいです。 毛抜きで処理をするペースは週に1度くらいです。他は鏡でチェックをして脇毛が生えてきたら抜いています。でも、暑くなって半袖になる時期は毎日のように鏡でチェックをします。寒くなると脇が見えることがなくなりますので週に1度か半月に1度くらいです。その間は生えてきても気にしませんし、脇毛があることで温かくて脇毛が重宝します。 毛抜きは慣れるまでがちょっと大変かもしれませんが、慣れてしまえば楽ちんです。毛抜きを買ったらいつでもどこでも処理できます。一番だと思うのは肌に負担が掛からないことです。毛が生える場所は人間の大事な役目がある場所なのでなるべく失敗のないように負担をかけないで処理をしたいと思うのです。 ぜひ、毛抜きを買って自己処理をしてみてはいかがでしょうか。

 

脇毛の処理を間違うと後悔する

30代の会社員で関東に住んでいます。 脇毛処理の失敗談をお話しようと思います。 私はずっと、脇毛の処理といえば、毛抜きで抜くという方法でした。 少しでも伸びてくると気になって、毛穴をほじるように無理やり抜いていました。 すると当然のように毛穴が赤くなって、ポチポチと跡がついてしまいます。そうなると、少し我慢してカミソリなどで処理していましたが、赤味が引くとまた毛抜きで無理やり抜く、といったかんじでした。跡になるのは嫌だったんですが、とにかく少しでも脇毛が生えていることが許せなかったんです。 少しでも毛穴から頭を出している脇毛を抜いていたので、ほとんど毎日抜いていたと思います。 1日でもサボると、脇毛って結構伸びていたりするんですよね。 そんな処理を繰り返していたら、ある時ふっと自分の嫌な臭いに気付きました。 脇が臭っていたんです。以前は、自分の脇が臭ったことはありませんでしたからびっくりしました。 その時は、たまたまかなと思っていたんですが、脇毛を抜くときにやっぱり臭うんです。 自分がワキガ?とショックでしたが、その時は脇毛の処理方法とワキガに関係があるなんて思いもしなかったので、今まで通り毛抜きを使った脇毛処理をしていました。 ワキガと言っても、それほどキツイ臭いではなく、服を着ていれば分からないくらいのものでしたので、それほど気にしていなかったんですが、ある夏の日それは変わりました。 仕事で、緊張して少し嫌な汗をかいたという自覚はあったんですが、自分でも分かるくらいぷーんと臭ったんです。 自分でも分かるくらいだったので、他の人も気が付いたかもしれない、そう思うと急に不安になって、はじめてなんとかしなければっ!と思いました。 ネットなどでいろいろ調べて、ワキガの臭いを抑えるクリームやサプリなどを買いましたが、あまり効果はありませんでした。 そこで、根本的に治す方法はないのだろうかと、さらにネットで調べると、間違った脇毛処理の方法でワキガになってしまうこともあると知りました。 お風呂内で脇毛を抜く、清潔ではない状態で脇毛を抜く、など私の処理方法は間違いだらけなことが分かり、大失敗でした。 ついつい我慢できなくてやってしまっていたけれど、脇毛を抜くということは、毛穴を開いてしまうので、そこからばい菌や細菌が入り込み、臭いの元になることがあるそうです。 そこで、少し高いですが家庭用のレーザー脱毛器を購入しました。ネットで2万円くらいだったと思います。 なるべく毛抜きは使わずに、カミソリと脱毛器で処理をするようにしました。 すると、1ヵ月半位で臭わなくなりました。無理やり抜いていたせいで、赤くプツプツしていた脇も綺麗になり、良い事づくめです。 伸びてくると、どうしても手っ取り早く毛抜きで抜いてしまいたくなるのですが、毛抜きでの処理は間違いです。 今は、臭いはありません。 レーザー脱毛器を使い続けているので、脇毛もだいぶ生えてこなくなりました。 高いと思ってしまう家庭用脱毛器ですが、長い目でみたら十分コスパもいいと思います。 私のように処理方法に困っている方がいましたら、処理方法のひとつの手段として考えてみても良いかもしれません。

☆☆わき毛とワキのお手入れに悩む女性に役立つ情報サイトです。ツルツル美肌な脇を手に入れるお手伝いをする。脱毛知識もたくさんお伝えしていきます☆☆

 


脱毛女子マシュ肌の作り方ブログは、むだ毛に悩む女性がツルツル美肌を手に入れる為に役立つ知識、口コミ、体験談をまとめていきます😊❤️

\SNS SHARE/

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

脱毛口コミページのTOPへ